赤ちゃんやお年寄りにも優しい!?ローソファーのメリット

通常のソファーよりコンパクトなものが多く初心者も扱いやすい

ローソファーは、通常のソファーと比べると背もたれが少し低くなっており、ゆっくりとくつろぐにはやや不向きですが、室内にワンポイントを加えたい時に便利なアイテムとして高い人気があります。また、家具の量販店や通販サイトなどで販売されている組み立て型のローソファーの中には、使わないときや掃除のときにクローゼットにコンパクトに収納できるというメリットがあります。最近では、クッション性や安全性にこだわったローソファーも続々と登場しており、赤ちゃんやお年寄りがいる家庭も安心して設置することができます。また、ローソファーには定番の二人掛けのものばかりでなく、デザインや機能面にこだわった一人用のものも少なくなく、一人暮らしの学生やOLの間でも関心が高まっています。

室内に色々なインテリアを配置したい時におすすめ

ローソファーは、体積がそれほど大きくなく、部屋を広く見せる効果があるため、戸建てやマンションのリビングを中心に活躍の場が広がっています。たとえば、カーテンやテーブル、チェアなど室内に数種類のインテリアや観葉植物などを配置したい場合は、通常のソファーよりもローソファーを取り入れることで、圧迫感を感じることなく生活を過ごすことができます。また、持ち運びがしやすいシンプルなデザインのローソファーの中には、洋室だけでなく和室にも相性が良いものがあるため、アイディア次第で様々なインテリアコーディネートを楽しめます。その他、子供から大人まで使いやすいローソファーを購入するうえで、デザインばかりでなく実用性にも目を向けることが肝心です。

寒い時期、ずっと入っていたのがこたつです。こたつでソファーを実際にやっている人は多く、足元を温める以外にもダイニングテーブルをこたつにしてしまったり、ローソファを置くなどバリエーションがあります。